【2021年6月更新】海外から日本への渡航及びビザ情報

最終更新 2021 / 06 / 18

日本政府が発出した緊急事態宣言の延長を受け、日本への渡航制限措置は少なくとも2021年6月20日まで継続される予定です。特別な事情がある場合を除き、日本人及び再入国を許可された在留資格保持者のみが日本へ入国できます。以前ビジネストラック又はレジデンストラックを申請した外国人渡航者も、日本への入国は停止されています。

新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、スムーズに日本へ入国するために以下の点を確認し、日本の関係政府機関より発信される水際対策や入国制限等の最新情報を確認してください。

  1. PCR陰性検査証明書 – 日本へ入国する予定のすべての人は、出発の 72 時間前にPCR 検査を受け、PCR 陰性検査結果を示す証明書を、空港にて所定の形式 (推奨) またはその他の許容可能な形式を使って提出する必要があります。Certificate of PCR test Japan format
  2. 新型コロナウイルスに関する質問票の提出 – 出発前に新型コロナウイルスに関するアンケートをオンラインで提出してください。質問票を提出し、QRコードを作成してください。QRコードはスクリーンショット又は印刷し、日本入国検疫時に提示する必要があります。
  3. 誓約書 – 誓約書には連絡先情報を記入し、コロナウイルス感染症関連の規制に協力するよう求められています。この用紙は機内で渡されますので、印刷する必要はありません。事前に内容を読まれたい場合は、ここからダウンロードしてください
  4. スマートフォン – 最新のアプリと有効な連絡先電話番号を登録できるスマートフォン (Android または iOS) が必要です。日本で有効な電話番号をお持ちでない場合は、空港でネット通信付きの SIM カードを購入する必要があります。時間を節約するために、ご到着前に下記のト必須アプリをすべてダウンロードしインスールすることを強くお勧めします。
  5. 必要なアプリ – 4 つのアプリのダウンロードが必要です。設定にて通知と位置情報追跡を許可し、アプリがマイクとカメラにアクセスできるようにし、アプリのアカウントを登録しログインする必要があります (注記: OEL と COCOA は日本に到着してからのみログインが可能です。注意:すべてのアプリの登録には同じメールアドレスと連絡先情報を使用しないと、不具合が生じます。
Photo by NordWood Themes on Unsplash

アプリの設定方法をダウンロード

  • Google Map モバイルアプリ
    • 機能 : 位置追跡 ( iOS  Android 用ダウンロード )
    • ダウンロードしてアカウントにログインした後、アプリが現在地を追跡できるよう許可します。
  • “My SOS” アプリ
    • 機能:ビデオ/ボイストーク ( iOS  Android 用ダウンロード )
    • 日本政府関係者は、「My SOS」を通じてあなたと連絡を取り合います。このアプリを携帯電話にダウンロードし、アカウントを登録してください (他のアプリ全てと同じメールアドレスを使用してください)。
  • OEL (Overseas Entrants Locator アプリ)
    • 機能:現在地の追跡と報告( iOS  Android 用ダウンロード )
    • 最初にアプリを携帯電話にダウンロードし、アプリ通知をオンにします。日本に到着するとログインできなくなります。

My SOS APP download link

  • COCOA (COVID-19 Contact-Confirming アプリ)
    • 機能:連絡通知 ( iOS  Android 用ダウンロード )
    • 日本到着後にログインしてください。使用時は Bluetooth をオンにする必要があります。

到着時の PCR 検査 – 到着時にすべての入国者は空港で PCR 検査を受ける必要があります。順番待ちから検査結果が出るまでの所要時間は、約40 90 です。 PCR 検査結果が陰性の場合は入国審査に進み、通過した後に手荷物を受け取り、誓約した自主隔離の宿泊施設まで予約した送迎サービスを利用して移動します。空港でのすべての手続きの平均所要時間は、1 2 時間です。

「14日間待機期間」の数え方について

入国日の翌日から起算して14日間になります。入国する日を含め、15泊の待機場所を確保することが必要です。ネット上は「14泊15日間」と表記された自主隔離プランが多数ですが、間違えないようにご注意ください。

ご参考:水際対策の抜本的強化に関するQ&A (厚生労働省)

自主隔離期間中に従わなくてはいけないこと 

  • 公共交通機関の利用を避ける 予約した交通機関を利用し、他人と共用することを避けてください。
  • 独立した宿泊施設へ滞在  貸切アパートメント、ホテル、サービス アパートメント等を利用してください。バスルームやトイレなどの設備を他の人と共有しないことが求められています。
  • 外出を控える 日本の検疫規則では自主隔離施設からの外出を厳密に禁じているわけではありませんが、外出は最小限にとどめ、必要な場合にのみ行うようにしてください (例えば必要な食料品を購入する場合など)。
  • 連絡がつくようにする必要なアプリを通じて政府関係者と連絡を取り合い、所在場所を報告します。行動制限は、入国日の翌日から起算して14日間の午前 0 時に正式に終了します。ご到着日をゼロ日としてカウントしますので、ご到着日から 15 泊分の宿泊施設を確保する必要があります。

水際対策強化に係る新たな措置について 

  • 新型コロナウイルスの変異種の影響を受けた国英国、デンマーク、チュニジアなど)に出発の14日前に滞在した場合(乗り継ぎは含まれません)、日本政府指定のホテルに3日間滞在する必要があります。 3日目にPCR検査を行います。検査が陰性の場合、自主隔離施設または自宅に移動して、14 日間の自主隔離を行います(公共交通機関は許可されません)。
  • 出発の 14 日前にインド、ネパール、バングラデシュ、パキスタン、モルディブ、スリランカなどの国に滞在している場合 (乗り継ぎは含まれません)、政府指定の隔離施設に 10 日間滞在する必要があります。 3日目、6日目、10日目にはPCR検査が予定されています。

宿泊プランに申し込む前に、外務省および領事館からの最新情報を確認してください。 日本への入国や宿泊プランについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Leave a Comment

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。

サイトの言語をご選択下さい

Select Language